独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 災害医療センター発 医療情報ブログ > 治験管理室のご紹介

災害医療センター発 医療情報ブログ

治験管理室のご紹介

(2014/07/11 up)

zu1.jpg

治験とは
日本で新しい薬を健康保険で使用できるようにするためには、国の承認が必要です。
 その承認を得るためには、新しい薬を患者さんに実際に投与して、その安全性と有効性を確かめる必要があります。この試験を「治験」といいます。また、治験で使用される薬は「治験薬」と呼びます。
 治験を行わない限り日本で新しく有望な薬が使用できないことは、欧米の一般的な治療と比べて日本の医療が遅れてしまうことになります。このため積極的に治験を推進していく必要があります

zu2.jpg

ちけん君(マスコット)
日本医師会治験推進センター

当院で治験を実施した医薬品(一部)

 

当院で実施中の治験(一部)

メマリー錠(メマンチン塩酸塩)

 

造血器腫瘍患者を対象とした試験
(血液内科)

プロイメンド点滴静注用
(アプレピタント)

 

脂質異常症患者を対象として試験
(循環器内科)

キュビシン(MSD)静注用 350mg
(ダプトマイシン)

 

 

災害医療センター発 医療情報ブログとは

2014年3月、災害医療センターのホームページを改装して医療情報ブログをオープンいたしました。医療情報ブログは患者さんとそのご家族の皆さんへ、病気、検査、栄養、くすりなど、広く情報を提供する場所です。これは当センターの医師、看護師、薬剤師、栄養士ほか医療スタッフが総力を上げて書き下ろしたウェブコンテンツによる情報サービスです。今後、内容を充実してまいります。必要な情報の収集に是非お役立てください。

これまでの記事

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター