独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 災害医療センター ブログ > ~夏は「とびひ」にご用心~

~夏は「とびひ」にご用心~

(2017/08/16 up)

 「とびひ」という病名を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。でも「とびひ」の正式病名はご存知ですか?正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌(どこにでもいる雑菌です)による皮膚の浅い部分に限局する化膿性変化で、伝染力の強い病気です。0~6歳くらいまでに好発しますが、まれに大人にも感染することがあります。黄色ブドウ球菌の表皮剥脱毒素(皮膚をはがす毒です)により発症します。ごく小さな水疱から始まり、1~2日で大小の水疱、一部は膿庖となります。水疱・膿庖は容易に破れてびらんとなり、水疱内の菌の接触、伝播により次々に感染し新しい病巣を形成します(「とびひ」と言われるゆえんです)。夏は細菌の活動も活発になります(ちなみに黄色ブドウ球菌は食中毒の原因菌の一つでもあります)。皮膚を清潔に保ち、「とびひ」の発症予防に努めましょう。

                              皮膚科・小児科
gazo20170809.jpg
顔にできた「とびひ」の写真です。

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター