独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 災害医療センター ブログ > 『旬の野菜って、いいね!』 夏野菜レシピ   今回は『茄子(なす)』

『旬の野菜って、いいね!』 夏野菜レシピ   今回は『茄子(なす)』

(2017/08/23 up)

 「八百屋さんを覗くと、いつも沢山の野菜が店先に並んでいます。最近では、果物とは違い年間を通して野菜が栽培できるようになり、野菜で季節感を感じることも少なくなりました。
 当然ですが、野菜にも本来の『旬』があります。今の時期、夏の定番野菜といえば、茄子やトマトなど様々ですが、今回は、『茄子』を取り上げてみました。
 茄子の構成成分は、90%以上が水分です。夏野菜特有の体を冷やす働きがあり、今の暑い時期には最適な野菜です。油を使った料理では甘味が増して、食べてもしつこさが無く夏バテぎみのこの時期のエネルギー補給に大変役立ちます。
 食欲の無いときは、油で揚げたあと冷やしサラダとして食べるとエネルギー補給に繋がります。ダイエット中の方は、茹でた茄子にしょうがや青しそといった香味野菜をトッピングして召し上がっても良いかもしれません。 冷え症の方の対策としては、香辛料と油を使った温かい中華風の料理は体が温まりお勧めです。是非、その時の体の調子に合わせて旬の夏野菜を活用してみて下さい。

★揚げ茄子とトマトのサラダ
【2人分】
・茄子 100g
・サラダ油(揚げ油) 適量(吸油率14%)14g
・トマト 40g
・レタス 20g
・玉ねぎ 10g
・フレンチドレッシング(オイル入り) 20g

作り方
① 茄子を厚さ3㎜程度の輪切りにして、サラダ油で白い部分がほんのりきつね色になる程度に揚げる。
② 油とり紙を敷いたバットに広げるようにして油を切り冷ます。
③ トマトは種を除き1㎝の角切りにする。
④ 玉ねぎはみじん切りにして辛みが無くなるまで流水でよくさらし、ペーパータオル等で水気を切る。
⑤ ②、③、④をボールで混ぜあわせ、ドレッシングで味付けをして、レタスを敷いた器に盛りつける。

【1人分の栄養量】
エネルギー:95 キロカロリー  たんぱく質:0.8g  脂質:8.0g  炭水化物:5.3g
カリウム:180mg  塩分:0.3g

                              栄養管理室
gazo20170821.jpg

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター