独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 災害医療センター ブログ > 蜂刺されにご注意

蜂刺されにご注意

(2017/08/29 up)

 夏の時期は肌の露出や出かける機会も多くなり虫に刺される機会が多くなります。最近は都市部や住宅街でも蜂を見かけるようになり、蜂に刺されたという報道がされています。 そこで今回は蜂についてお伝えしようと思います。
蜂の活動時期は春~秋の間です。特に次期女王蜂候補と雄蜂の幼虫が成長する、8~10月の間に活発に飛び回ります。 大声を出したり、近寄ってきた蜂を手で追い払うなどは、蜂の攻撃本能を刺激することになります。このような行動を取らなければ、蜂は人間を襲うことがありません。

◎蜂に刺されないために
 昼と夜で予防法は違いますが今回は昼の予防法について述べます。
1)白色の服を着る
 蜂は白色系を嫌います。逆に黒色系は蜂にとって標的になる可能性が高い色になります。蜂の出現率の高い場所に行くときには長袖の白系の服装ででかけるといいでしょう。
2)香水や整髪料をつけない
 蜂は香りの強い香水や整髪料をつけていると反応し、近寄ってきます。
3)食べ物、ジュースを持たない
 近くの森林や蜂の巣がありそうな場所に入るときは食べ物やジュースは置いておきましょう。
4)白いタオルや帽子で頭を隠す
 頭や目、髪など黒い部分は蜂の標的になりやすいです。帽子をかぶったり、白いタオルで頭を隠すと、目立ちにくくなります。
5)ゆっくり離れる
 蜂の巣を見つけたり、蜂が威嚇行動をしたときにはゆっくり歩いて離れましょう。蜂は素早く動くものを追いかけるので、姿勢を低くして後ずさりしながらゆっくり離れましょう。

蜂に刺されないための予防をしましょう。

                              看護部
gazo20170829_1.jpg

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター