独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 災害医療センター ブログ > 日本薬局方をご存じですか?

日本薬局方をご存じですか?

(2017/09/08 up)

 日本薬局方とは、医薬品の品質を保つため、国が重要とする医薬品の規格や試験法などを記した公定書です。 現在のものは昨年発令された第17改正のものになります。第8改正が1971(昭和36)年に発令された後は5年ごとに改正されています。
 初版が出されたのは1886(明治19)年です。幕末から明治にかけて多くの分野でお雇い外国人が活躍していましたが、この初版が出るきっかけを作ったのも、 一人の外国人でした。オランダ人薬学者のアントン・ヨハネス・コルネリス・ゲールツ(オランダ語読みではヘールツ)です。 彼は輸入品のキニーネ原料の分析をした結果、粗悪品が混じっていることがわかり、役所に医薬品の検査、粗悪品の取締をするように要望しています。 その後、衛生局長が建議し日本薬局方が作成されることになりました。作成に当たり日本薬局方編纂委員会が組織され、委員にゲールツも任命されています。
 こうして日本薬局方が生まれましたが、残念ながらゲールツは完成を見ることなく1883(明治16)年に横浜でなくなっています。

gazo20170908.jpggazo20170908_2.jpg
 現在、横浜の外人墓地に奥様と一緒に眠っています。墓地は神奈川県薬剤師会が管理しています。 これから涼しくなりヤブ蚊もいなくなる季節ですので、機会がありましたら一度掃苔されてはいかがでしょうか。
                              薬剤部長

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター