独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 災害医療 > 放射線について

災害医療

放射線について


 放射性物質は、エネルギー的に不安定な物質であり、放射線という形式で余分なエネルギーを 出しながら異なる原子核に変化する(壊変)


項目1.放射線には、α(アルファー)線、β(ベーター)線、γ(ガンマー)線、X(エックス)線、中性子線等がある。
    このうちα線、β線は粒子線であり、γ線、X線は電磁波である。


項目2.放射線を止めるには(放射線防護・項目3参照)


α線

......

空気で10?p、組織で  数μmであり、紙1枚で遮蔽できる。問題となるのは、内部被爆のみである。線の強さ(線量)  に比べて細胞には及ぼす影響が大きい。

β線

......

アルミ数?pで遮蔽できる。

γ線

......

鉛数?p 厚いコンクリートで遮蔽できる。

中性子線

......

厚いコンクリートも通過する。速中性子線を ホウ素、炭素、水等で減速させ熱中性子線にし、続いて二次散乱より発生するX線、γ線を鉛数?pで遮蔽できる。


項目3.放射線防護のための3大原則

   1.距離をとる。---線源からの距離をとること。距離が二倍なら被ばくは四分の一。
   2.時間を短くする--被ばくしている時間をできるだけ短くする。
     汚染がある場合、できるだけ早期の除染が必要。
   3.遮蔽-------コンクリートの建物は有効。除染に際して防御衣を着る
     (ただしガンマー線、中性子線には無効)


核テロについてへ戻る

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター