独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 災害医療 > 災害拠点病院とは

災害医療

災害拠点病院とは


平成8年に当時の厚生省の発令によって定められた「災害時における初期救急医療 体制の充実強化を図るための医療機関」で、次のような機能を備えた病院です。

① 24時間いつでも災害に対する緊急対応でき、被災地域内の傷病者の受け入れ・搬出が可能な体制を持つ。

② 実際に重症傷病者の受け入れ・搬送をヘリコプターなどを使用して行うことができる。

③ 消防機関(緊急消防援助隊)と連携した医療救護班の派遣体制がある。

④ ヘリコプターに同乗する医師を派遣できることに加え、これらをサポートする、十分な 医療設備や医療体制、情報収集システムと、ヘリポート、緊急車両、自己完結型で医療チームを派遣できる資器材を備えている。

平成24年現在、全国各地で610を超える病院が指定されています。当院では毎年災害拠点病院を対象とした 災害医療従事者研修会を開催し、日本の災害医療の中心的役割の一旦を担っています。

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター