独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 災害医療 > 災害対応訓練

災害医療

災害対応訓練


定例災害訓練

 当院では、年2回、9月と1月に大震災や大事故に備えて、病院をあげての大々的な多数傷病者受入れ訓練を行っています。 混乱の中でもなるべく多くの命を救えるように、日頃から災害対応マニュアルと災害用の備蓄・備品を備え、 有事には即座に対応できるように職員の意識を高めています。


特殊災害訓練

 当院では、化学災害(サリン、有毒物質など)やバイオ災害(炭疽菌、SARS、新型インフルエンザ)などの特殊災害に備え、 それぞれにマニュアルを備え、特殊な対応をする訓練も行っています。 これらに被曝・感染した傷病者の治療を行うためには、二次災害を起こさないような特別な受入れ態勢・専門病院への搬送体制と 防護服やマスクなどの準備が必要となります。


合同訓練

 このほか、毎年9月1日を中心に内閣府、東京都、その他の自治体との合同災害訓練を行っています。 また、当院での災害訓練や避難訓練時に東京消防庁、立川消防、地元消防ボランティアとの合同訓練も行っています。 さらに近年は、「立川広域基地連合」や多摩地域の災害拠点病院との合同訓練も行なっています。


広域搬送訓練

 遠隔地災害の被災者受入れのために、内閣府、自治体、自衛隊と連携した広域航空搬送訓練も行っています。

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター