独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 病院案内 > 病院概要/沿革

病院概要/沿革

(1)所在地

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地

(2)交通関係

JR中央線・青梅線・南武線立川駅または多摩都市モノレール立川北口駅下車。立川駅北口より徒歩15分、バス:(1)、(2)番乗場より2つ目停留所下車10分、タクシー:1メーター5分

(3)環境

立川市(人口17万3千人)は、多摩地区の中心部にあり、JR中央線を主幹線とし、青梅線・南武線の始発駅であり、多摩地区において地理的に極めて重要な位置を占めている。当院は、立川駅から北西の方角の立川広域防災基地内に設置されている。

(4)沿革

平成7年7月1日国立王子病院と国立立川病院を統合し、現在地に国立病院東京災害医療センターとして発足。
平成16年4月1日独立行政法人国立病院機構災害医療センターと名称変更。

  • 国立王子病院
    昭和20年10月18日相武台陸軍病院
    (神奈川県相模原町)移転
    昭和20年12月1日国立王子病院として発足
  • 国立立川病院
    大正11年11月30日陸軍航空部隊附属医療機関として創設
    大正12年4月1日立川陸軍病院となる
    昭和20年12月1日国立立川病院として発足

ページ上部へ▲

(5)施設規模

敷地面積:40、664 m
建物面積(建):15、152 m
建物面積(延):70、892 m
(内訳)
本館・外来・治療棟:43、166 m
看護学校:4、690 m
職員宿舎:9、699 m
その他:13、337 m

病床数:医療法承認病床数:455 床

(6)標榜診療科

血液内科、糖尿病・内分泌内科、腎臓内科、膠原病・リウマチ内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、消化器・乳腺外科、救急科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、歯科口腔外科、麻酔科、病理診断科、緩和医療内科、ペインクリニック外科 (計30診療科)

ページ上部へ▲

(7)診療機能・特色

当院は、「災害医療」に関しわが国の広域災害医療の基幹施設として、各ブロック基幹施設との密接な連携の下に、広域災害発生時の情報収集及び伝達・救援救護を行う。平常時には、わが国の医療の災害対応能力の向上に資するため、災害時に多く発生する多発外傷、熱傷、クラッシュ症候群、化学物質による中毒等の三次救命救急医療及びその他の疾患について高度の総合医療を行う。また、災害医療を中心とした臨床研究及び医療従事者等の教育研修(訓練を含む)並びに情報発信の機能を備えた施設としての取組みを推進している。

1.診療

  • 広域災害医療基幹施設
    広域災害医療の基幹施設として、国内の災害時における初期医療班の派遣、重篤・重症患者の収容並びに患者の広域搬送、中等症患者の収容並びに外来患者の診療を行う。また、外国の災害時にも医療従事者を派遣し、国際医療協力を行う。
  • 救命救急センター
    1. 平常時における高度な救急医療
      広域災害時には、多発外傷・熱傷・中毒・クラッシュ症候群等が多発するため、平常時より多発外傷に重点を置き、これら急性期の患者について高度な救急医療を行う。
    2. 病床数34床
      熱傷治療室3床、ICU7床、CCU3床、卒中ユニット6床、HCU15床
      ※高気圧酸素治療室を併設
  • 高度の総合診療機能をもつ地域医療の中核病院
    広域災害時には、多種多様な急性・慢性疾患をもった患者を受け入れる必要が生じることから、各疾患についても平時から高度の医療レベルを維持するとともに、地域の中核病院としての役割を果たす。

2.臨床研究

災害医療を中心とした臨床研究

  • 災害の状況下で見られる人の行動に関する心理学的、社会学的研究
  • 災害対応システムの研究
  • 病体生理及び蘇生に関する研究
  • 災害医療技術の向上を目指した治療技術に関する研究
  • 代用臓器、臓器保存に関する研究

3.教育・研究

  • 臨床研修指定病院
  • 専門医教育(レジデント)
  • 地域医療研修センター(地域の実施医家を対象として・講演・症例検討会等を実施し地域全体の医療水準の向上を図っている。)
  • 医療従事者、海外研修生に対する災害医療・救急医療を中心とする研修
  • 災害時の応援要員等の医療関係者に対する災害医療・救急医療に関する研修
  • 一般の人々に対する災害時の応急処置等の啓蒙活動

ページ上部へ▲

(8)看護学校

名称

独立行政法人国立病院機構
災害医療センター附属昭和の森看護学校

修業年限

3年課程

学生定員

1学年定員80名、総定員240名

所在地

東京都立川市緑町3256番地

沿革

平成7年4月1日国立王子病院附属看護学校と国立療養所村山病院附属看護学校を統合し、現在地に国立王子病院附属昭和の森看護学校として発足。
平成7年7月1日国立王子病院と国立立川病院の統合に伴い、国立病院東京災害医療センター附属昭和の森看護学校と名称変更。
平成16年4月1日現名称に変更。

施設概要

看護学校

  • 建物面積(建):2、018 m
  • 建物面積(延):4、690 m

学生宿舎

  • 建物面積(建):976 m
  • 建物面積(延):4、116 m

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター