独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 臨床検査科 > 生化学検査

生化学検査

生化学検査室

 生化学検査とは、血液を遠心分離器にかけて、有形成分(赤血球、白血球、血小板など)と無形成分(血清)に分離し、血清中の物質を化学的に分析し、病気の診断や治療の判定、病状の経過観察に欠かせない検査です。
 血液は全身のあらゆる組織を循環して細胞に栄養分を運ぶと同時に、老廃物を受け取っているため、常に全身の健康状態を反映しています。血液は正直者なので、体のどこかに異常が起こるとすぐに知らせてくれます。
 血清中には体の内部の環境を整える働きがあり、蛋白や糖をはじめ、様々な酵素など、生命活動を維持するのに欠かせない物質が含まれています。血清はそれらの成分を全身に運んだり、不要物を持ち去ったりし、血液の中でそれらが常に一定に保たれるようにコントロールしています。
 生化学検査では、調べる臓器によって検査項目が違ってきます。電解質、酵素、蛋白、糖、脂質などの各種生化学成分を全自動分析装置を使用して分析測定します。各種臓器の疾病診断やメタボリックシンドロームあるいは未病などの発見にもつながります。


ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター