独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 臨床検査科 > 中央採血室

中央採血室

中央採血室

 検査は検体の採取から始まります。中央採血室では採血を実施し、採尿や採痰のご説明もしています。検査の種類や項目の数により採血量が違ってきますが、平均10~20ml採取します。採血後は採血部位をアルコール綿で5分位しっかり押さえて下さい。押さえ方が不十分だと、血液が漏れて衣服が汚れたり、採血した所が青く内出血したりすることもあります。
 また、前の晩の食事はできるだけ自宅ですませ、翌朝の空腹時に採血を受けるのが最適です。検査前に食事をすると、腸から吸収された栄養分が血液中に増えるため、正しい結果が出なくなってしまう場合もあります。


 採血に際し誤認を防止するためお名前と採血管をご確認させていただいております。
 ご協力をお願いいたします。

中央採血室1

 自動採血管準備装置を導入して、バーコード管理により取り違えの起きないように、検査に先立つ採血を円滑かつ正確に実施しています。


中央採血室2
中央採血室3

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター