独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 看護部 > 研修内容

看護部

看護部紹介

看護部の特徴・活動

看護体制・方式

教育・研修

看護師募集

研修内容

平成28年度教育研修計画

研修
領域

対象

研修名

目的・目標


新採用者

新採用時
オリエンテーション

【目的】

災害医療センターの概要を理解し、組織の一員としての役割を認識し行動できる

感染防止対策

【目的】

【目標】

1.患者への院内感染を防止できる
2.自分自身への感染を防止することができる
1.日常業務における感染予防策が理解できる
2.医療廃棄物の取り扱いが理解できる

新人看護師(ME機器取り扱い未経験既卒看護師含む)

看護技術
ME機器の取り扱い

【目的】
【目標】

エビデンスを明確にした看護技術が習得できる
1.院内の業務手順に沿った看護技術を学ぶ
2.医療機器の安全な取り扱いが理解できる

新人看護師

静脈注射

【目的】
【目標】

安全に静脈注射を実施するための知識を習得できる
1.静脈注射の特徴と注意すべき薬剤の管理・取り扱いが理解できる
2.静脈注射の実施における看護師の責任と役割が理解できる

スケジュール調整

【目的】
【目標】

日勤の業務におけるスケジュール調整ができる
1.一日のスケジュール調整(時間管理)ができる
2.報告、連絡、相談の必要性が理解できる

フォローアップ研修

【目的】

【目標】

新人看護職員としての今の思いを共有し、自己の目標を再確認する
1.自己の看護を振り返り、自己の成長を確認できる
2.新人看護職員としての思いを共有できる
3.今後の課題を明確にできる

メンバーシップ

【目的】

【目標】

チームメンバーとしての役割を認識し、報告・連絡・相談の必要性が理解できる
1.看護ケアの優先順位が決定できる
2.チームメンバーに協力要請ができる
3.予期せぬ事態が発生した場合、報告・連絡・相談ができる

急変時対応
(初級編)

【目的】
【目標】

急変のイメージがつき、新人に必要な初期対応をする
1.院内で起こりうる急変のイメージがつく
2.急変対応に必要な基礎知識が理解できる
3.発見者として必要な行動がとれる

自己の振り返り

【目的】
【目標】

自己の看護実践を振り返り、看護観を養う
1.看護に対する思いを表出することができる
2.看護を実践していくうえで大切なことを見出せる
3.自分が目指す看護像をイメージできる

サーフロー針留置

【目的】
【目標】

安全に留意しサーフロー針留置ができる
1.適切な刺入部位を選択できる
2.安全に留置針の刺入、固定ができる
3.患者への適切な説明および観察ができる







卒後概ね
2年目看護師

医療安全①
職業人としての行動

【目的】

【目標】

医療安全推進マニュアルの内容を再度確認し、倫理的な視点で自己の安全確認行動を振り返ることができる
1.患者の人権を尊重しながら看護を提供することができる
2.医療安全推進マニュアルを再確認することができる
日常の看護業務に潜む危険を予測し、行動につなげることができる

基本技術
【車椅子・ストレッチャー移送・患者確認・与薬(点滴・内服)・抑制】
ブラッシュアップ①~③

【目的】

【目標】

基本技術のポイントを再確認し、倫理的な配慮を行いながら看護基準に基づいた安全・安楽な技術が提供できる。
1.患者の人権を尊重しながら看護を提供できる
2.看護手順の内容を、再度確認することができる
3.基本原則に基づいた援助技術を再確認し実行できる
4.研修生がOJTでビデオ講義と演習内容をスタッフに伝達する

フィジカルアセスメント

【目的】

【目標】

フィジカルイグザムのスキルを身につけ、アセスメント力を強化する
1.患者の人権を尊重しながら看護を提供できる
2.観察より得た情報をアセスメントし、看護判断できる
3.安全安楽な看護技術が提供できる

医療安全②
人工呼吸管理

【目的】

【目標】

人工呼吸器の基本モードとアラーム対応を理解し、患者の安全確保に努める
1.患者の人権を尊重しながら看護を提供できる
2.人工呼吸器管理が必要な患者を理解できる
3.基本モードを知り、体験を通して理解を深めることができる
4.アラームの種類と対応方法を理解できる

プリセプター導入

【目的】
【目標】

新人の役割モデルとなる能力を習得する
1.アサーティブコミュニケーションについて理解できる
2.新人の教育体制について理解できる
3.プリセプターの役割を理解し行動できる
4.教育スケジュールパスが理解できる







卒後概ね
3年目看護師

看護論理

【目的】
【目標】

論理上の問題に気付き問題提起できる
1.看護実践で、看護倫理と現実にジレンマを感じ相談できる
2.患者や家族の価値観を知り、患者を理解することが出来る
3.看護倫理に関連した場面について現状把握し問題の整理ができる

プリセプターシップ
年2回


【目的】
【目標】

1回目(7月)
新人の役割モデルとなる能力を習得し、個人を尊重した指導ができる
1.アサーティブコミュニケーションが実践できる
2.指導を振り返り、新人の気持ちが理解できる
3.問題の解決策が、見いだせる


【目的】
【目標】

2回目(2月)
プリセプター経験を通じ、自分の成長と課題に気づく
1.新人指導を振り返ることができ、自己の成長に気付きグループワークで共有できる
2.次年度の新人指導にあたり、自分の役割が理解できる

リーダーシップ研修

【目的】

【目標】

日々の看護上の課題に気付き、問題解決のためのリーダシップを発揮する
1.様々な場面におけるリーダーシップがわかる
2.他者とのコミュニケーションを通じ、相手を尊重しながら課題解決に取り組むことができる
3.問題意識を持ち、看護上の課題を明らかにすることができる
4.課題解決のための取り組みができる



卒後概ね
4年目
看護師

チーム医療

【目的】
【目標】

チーム医療における看護師の役割を理解し自己の課題を明確にする
1.チーム医療における看護師の役割が理解できる
(退院支援と救急医療など)
2.アサーティブコミュニケーションの必要性がわかる
3.他職種との連携・調整方法が具体的にわかる
4.よりよいチーム医療を実践するための研修の学びを自部署にフィードバックすることができる

専門看護実践コース
(※テーマ選択研修)
テーマ1:がん看護
テーマ2:高齢者看護

【目的】
【目標】

看護の専門性を深め、スキルアップ図る
1.退院調整の視点を養うことができる
2.テーマ領域の看護実践力につながる知識・技術を習得することができる
3.病棟での看護実践に活かせるように主体的に学ぶことができる
4.研修の学びを自部署にフィードバックすることができる

卒後概ね
4~5年目
看護師

急変時対応
(上級編)

【目的】
【目標】

急変時の総合的な判断と対応が確実にできる
1.危機状態にある患者家族の対応ができる
2.院内で起こりうる様々な急変事例とその対応について考えることができる
3.病棟での急変時におけるリーダーシップについて考えることができる

卒後概ね
5年目看護師

指導者としての
看護倫理

【目的】
【目標】

医療従事者としての倫理的感受性を高め、模範的態度がとれる
1.アサーティブコミュニケーションが出来る
2.職場内モラルを確認し、後輩への教育指導に役立てることができる 3.倫理原則に基づいて問題解決ができる 4.倫理的視点で日常の看護実践を後輩に指導できる





4年目以上
看護師(希望者)

院内急変対応実践コース
(※旧ACLS)

【目的】
【目標】

院内急変時対応能力を身につける
二次救命処置の流れを理解した、初期対応を実践できる




希望者

肺理学療法

【目的】

【目標】

肺理学療法に対する理解を深めベッドサイドケアに活かすことができる
1.肺理学療法の適応と効果が理解できる
2.肺理学療法の基本手技を理解できる
3.肺理学療法時の注意事項を理解できる

認知症患者の対応

【目的】
【目標】

認知症に対する理解を深め認知症対応力向上につなげる
認知症および認知症ケアの基本を理解する

災害看護

対象

研修名

目的・目標

新採用者

新採用者
オリエンテーション

【目的】
【目標】

各部署での防災対策を理解する
1.病棟の減災対策を知ることができる
2.病棟の防災設備を知ることができる
3.病棟のアクションカードについて理解できる

全職員対象

災害医療院内研修
(4回シリーズ)

【目的】
【目標】

災害発生時災害対応マニュアルを理解する
1.災害時の院内体制について理解できる
2.新設部門の役割について理解できる
3.トリアージ方法とその必要性について知ることができる

卒後概ね
2年目看護師

災害看護①

【目的】

【目標】

災害時に必要な基本的知識・技術を習得する
トリアージを理解し実施できる
1.1次・2次トリアージの方法を理解し実施出来る
2.トリアージ、タグの意味についてについて理解できる
3.トリアージタッグを記載することができる
4.災害時の初動について理解できる
5.災害時の病棟の役割、当院の体制を理解できる
6.減災対策について理解できる

卒後概ね
3年目看護師

災害看護②

【目的】

【目標】

患者搬送ができる
被災者の心理を理解する
1.搬送・応急処置について理解し実施出来る
2.被災者の心理を理解し、心理面に配慮した対応を知る
3.PTSDについて理解できる

卒後概ね
4~5年目
看護師

災害看護③

【目的】

【目標】

災害発生後、急性期に必要な知識を理解する
現場救護所での医療活動を理解する
1.災害時の急性期に必要な看護を理解できる
2.被災地の救護所などでの医療救護活動方法が理解できる
3.避難所で被災者に対して、看護師としての介入方法を理解できる
4.後方支援時に必要な物品や準備方法を理解できる

実務Ⅱ終了
看護師

災害看護④

【目的】
【目標】

現場救護所での医療活動を理解する
DMAT、他機関との連携方法を知る

研修風景

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター