独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 緩和ケア

緩和ケア

緩和ケア

苦痛のスクリーニング | がん治療サポート緩和ケアチームのご案内| がん疼痛相談外来 | 緩和ケア相談外来

緩和ケアとは、重い病を抱える患者さんや、その家族の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアで、がんと診断された時点から、がん治療と並行して行っていくものです。

苦痛のスクリーニング

地域がん診療連携拠点病院では、がん患者さんに対し、がんと診断された時から身体や気持ちのつらさ、心配事などのスクリーニングを外来および病棟で、院内統一の方法で行うことが求められています。
当院では、早期からつらさを一緒に解決していくため、『症状評価シート』を作成し、ご記入いただいています。

がん治療サポート緩和ケアチームのご案内

 当院では、様々なつらさをサポートするための専門チームとして、身体症状を担当する医師、精神症状を担当する医師、臨床心理士、看護師(がん性疼痛看護認定看護師/緩和ケア認定看護師)、薬剤師、管理栄養士、リハビリ専門職、医療ソーシャルワーカーなど多職種で構成される『がん治療サポート緩和ケアチーム』が活動しています。
主治医や病棟スタッフからの依頼を受け、入院中の患者さんや家族の症状緩和やケアを提案しています。

palliative1.jpg

チームの活動
週に1度チームでカンファレンスを行い、日々の病棟回診、緩和ケア相談外来はチームの専従医師(身体症状担当医師)と看護師(がん性疼痛看護認定看護師/緩和ケア認定看護師)が担当しています。

入院:チームカンファレンス 毎週水曜日
__:病棟回診(専従医師、看護師) 基本的に平日毎日
外来:がん疼痛相談外来(専従医師、看護師) 毎週火曜日、木曜日

がん疼痛相談外来

当院では、当院通院中および地域のがん患者さんを対象に、からだや心のつらさを和らげ、がんの治療や療養生活に向き合い、自分らしく過ごせるように支援するため、 北多摩西部地域の地域がん診療連携拠点病院として、がん治療サポート緩和ケアチームが「がん疼痛相談外来」を行っています。
診療の主体は、主治医の先生に引き続きお願いすることになります。

緩和ケア相談外来

2017年7月より、在宅支援型 緩和ケア病床を開設しました。抗がん治療が困難、または希望されない患者さんの、がんに伴うつらい症状の緩和に努め、患者さん、家族が希望する療養先で穏やかに過ごしていけるように支援する病床です。入床を希望される方に対して、入床面談を行っています。

外来:毎週月曜日 午前


ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター