独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 診療科について > 診療科 > 血液内科

血液内科

科の紹介 | 診療内容 | 診療実績 | 重点的に治療を行っている疾患 | 末梢血幹細胞移植
当院で行っている臨床研究 | お知らせ | セカンドオピニオンの希望の患者様へ
ご紹介頂く先生方へ | 後期臨床研修を希望される先生へ | 疾患について
ペンギンクラブブログ | スタッフ紹介

外来担当医一覧表

科の紹介

患者のみなさまへ

血液内科のホームページをご覧くださいましてありがとうございます。

当科は、平成19年9月より新体制となり、造血器腫瘍に特化してまいりました。現在では微力ではありますが、西東京地区の造血器腫瘍の治療に貢献できていると考えております。血液疾患は発症頻度が少ないこともあり、治療も難しい点もありますが、最近の治療の進歩はめざましく、治療成績は確実に向上しております。それだけではなく、生活の質を考慮した治療法も選択できるようになってきています。このことから、患者様と話し合った上で治療を決定していくことがますます重要になっていくのではないかと考えております。急性・慢性白血病、悪性リンパ腫および多発性骨髄腫に対する化学療法と移植、重症型再生不良性貧血に対する免疫抑制療法などの診療を得意にしておりますが、ほかの疾患につきましても万全の体制で治療を行っています。いつでもお気軽にご相談ください。

診療内容

診療体制

外来患者さんの診療は、毎日血液科医師が外来を担当しています。災害医療センターでは、初診の患者さんは原則として他の医療機関からの病状および治療に関する「紹介状」をお持ちいただくこととなっております。入院が必要な患者さんについては5階東病棟で常時20~25人の患者さんを診療しています。ひとりの患者さんに対して複数名の医師が担当する万全の体制で診療させていただいています。また、週に1回開催される診療カンファランスでは、血液内科医師全員で治療方針の検討を行っています。また、白血球減少時の管理は、ヘパフィルターが装着された準無菌室を用いたうえで、必要な部分だけを重点的に対策することによって、患者さんが過剰な精神的負担を感じることなく安全にできるように工夫しています。

治療方針

正確に診断することを心がけています。そのために、血液検査、骨髄検査、リンパ節生検、CT検査などのさまざまな検査を行うことがあります。もちろん検査は必要な最低限なものにとどめております。診断の確定後は、エビデンスに基づいて治療法を考え、さらに、それぞれの患者さんの病状などに照らし合わせて、最適な治療法を選択します。その過程には患者さんやご家族のご希望を伺うことが重要ですので、治療法の選択のために、ご相談のお時間をいただくことがありますが、ご協力をお願いいたします。

得意分野

造血器腫瘍に対する化学療法や再生不良性貧血に対する免疫抑制療法を数多く手がけています。特に急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、悪性リンパ腫に対して標準的な化学療法を行い、造血幹細胞移植療法が必要と判断した場合には速やかに移植治療を行います。HLA適合血縁者間の移植は当院でも可能ですが、非血縁者間の移植が必要になった場合は大学病院などにお願いしております。また、多発性骨髄腫に対しては、造血幹細胞移植を含めた、エビデンスに基づいた標準的な治療法を行っております。また、若年の多発性骨髄腫の患者様に対してはCRを目指し、移植前処置を強化した自家末梢血幹細胞移植を臨床研究として行っています。

ページ上部へ▲

診療実績

                     平成23年度      平成24年度     平成25年度
外来

患者延数

5889名

6643名

7987名

平均患者数

24名

27.1名

32.7名

紹介患者数

232名

269名

282名

逆紹介患者数

219名

243名

238名

入院

入院数(延数)

297名

290名

385名

退院数(延数)

269名

273名

367名

死亡数

21名

11名

8名

一日平均入院患者数

22.2名

17.7名

25.6名

平均在院日数

27.7日

22.5日

24.6日

紹介患者疾患名

急性骨髄性白血病

24例

22例

19例

M0

3例

3例

2例

M1

2例

3例

5例

M2

9例

6例

4例

M3

5例

4例

3例

M4

2例

3例

4例

M5

1例

2例

1例

M6

0例

0例

0例

M7

1例

1例

0例

急性混合性白血病

1例

1例

3例

急性リンパ性白血病

6例
(うちPh1陽性3例)

3例

9例

L1

4例

2例

6例

L2

2例

1例

3例

骨髄異形成症候群

21例

31例

29例

RCUD

14例

10例

RCMD

12例

10例

12例

RAEB

9例

7例

7例

慢性骨髄性白血病

8例

7例

9例

骨髄増殖性疾患

12例

18例

2例

慢性リンパ性白血病

1例

1例

1例

成人T細胞白血病/リンパ腫

1例

5例

2例

非ホジキンリンパ腫

51例

60例

47例

Diffuse

34例

39例

32例

Follicular

10例

14例

9例

Mantle

3例

5例

4例

MALT

4例

2例

2例

ホジキンリンパ腫

3例

1例

2例

NS

2例

1例

1例

LP

1例

0例

1例

多発性骨髄腫

45例

58例

60例

原発性マクログロブリン血症

3例

4例

5例

特発性血小板減少性紫斑病

7例

6例

22例

 

 

 

 

*自家末梢血幹細胞移植

7例

13例

24例

多発性骨髄腫

6例

12例

23例

非ホジキンリンパ腫

0例

1例

1例

ページ上部へ▲

重点的に治療を行っている疾患

  • 多発性骨髄腫
  • 悪性リンパ腫
  • 急性白血病
  • 慢性骨髄性白血病

末梢血幹細胞移植

当科では、多発性骨髄腫などに対して幹細胞移植を行っています。

末梢血幹細胞採取

抗がん剤投与後の骨髄抑制の時期に白血球を増加させるG-CSFを投与し、末梢血中に幹細胞が出現した日に幹細胞採取を行います。

当院で使用している血球分離器
(Fresenius社のAS-104)

末梢血幹細胞移植

患者様に移植前処置を行った後に、十分量の造血幹細胞を輸血と同じように輸注します。輸注後は幹細胞が生着するまで、無菌室内で過ごしていただきます。

このように幹細胞を輸注します。

ページ上部へ▲

当院で行っている臨床研究

  1. 移植適応若年多発性骨髄腫に対するボルテゾミブ併用自家末梢血幹細胞移植療法に関する安全性と有効性の検討(単施設研究)
  2. イマチニブ抵抗性または不耐性の慢性期慢性骨髄性白血病に対するダサチニブの第Ⅱ相臨床試験(多施設共同研究)
  3. 再発高齢者悪性リンパ腫に対するRituximab, Mitoxantrone, Etoposide, Prednisolone併用療法の第Ⅱ相臨床試験(多施設共同研究)

お知らせ

患者様を診療するうえで用いた検査データ・保存検体等を症例報告、臨床研究等に利用させていただくことがあります。この場合、お名前・ご住所など患者様を特定できるようなことは一切ありません(匿名化といいます)。
なお、このような利用を希望されない場合には主治医にお伝えください。

セカンドオピニオンの希望の患者様へ

セカンドオピニオンのご希望の患者様について、紹介状および資料をご持参の上で受け付けております。急性白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫等の悪性腫瘍の診断、治療にお困りの患者様は特にご相談下さい。水曜日の午後に予約制で受け付けておりますので、予約センターにご連絡下さい。

ご紹介頂く先生方へ

災害医療センターの血液内科はあらゆる血液の病気を扱っていますが、地域の中核病院としての役割を果たすために、白血病、悪性リンパ腫などの腫瘍性の病気や、重症の再生不良性貧血などの治療が難しい病気の診療に重点をおいています。そのため、病状によってはお近くの医療機関へ逆紹介させていただくこともあります。また病状が改善した場合も積極的に逆紹介させて頂きます。

後期臨床研修を希望される先生へ

当科は、血液指導医が所属し、かつ日本血液学会研修施設に指定されており、規定の研修を行えば血液専門医を取得することが可能です。また、将来血液内科を希望される先生のみならず、腫瘍一般に対する研修の一環として、1~2年の後期研修も受け付けています。研修後の進路についても、スタッフとしてそのまま残る道もあります。ご希望の先生は、竹迫(e-mail: )までお気軽にご相談下さい。

疾患について

①原発性マクログロブリン血症

ペンギンクラブブログ

こちらから

ページ上部へ▲

スタッフ紹介

【役職】

医療情報部長、第一病棟部長、血液内科医長、輸血療法室長

【氏名】

竹迫 直樹(Naoki Takezako)

【資格】

医学博士、日本内科学会認定総合内科専門医・指導医、日本血液学会認定専門医・指導医、
日本輸血細胞治療学会認定医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医、
日本骨髄腫学会幹事、東京医療保健大学臨床教授、緩和ケア研修会受講終了者

竹迫 直樹

竹迫 直樹


【役職】

血液内科医長、治験管理室長

【氏名】

関口 直宏(Naohiro Sekiguchi)

【資格】

医学博士、日本内科学会認定医・指導医、日本血液学会認定専門医・指導医、
日本がん治療認定医機構暫定教育医、東京医療保健大学臨床教授
緩和ケア研修会受講終了者

関口 直宏

関口 直宏


【役職】

血液内科医師

【氏名】

栗本 美和(Miwa Kurimoto)

【資格】

医学博士、日本内科学会認定医、日本血液学会専門医、
日本腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、
緩和ケア研修会受講修了者

栗本 美和

栗本 美和


【役職】

血液内科後期専修医

【氏名】

栗原 祐也(Yuya Kurihara)

【資格】

緩和ケア研修会受講修了者

栗原 祐也

栗原 祐也


【役職】

血液内科後期専修医

【氏名】

伊藤 謙一(Kenichi Ito)

【資格】

緩和ケア研修会受講修了者

伊藤 謙一

伊藤 謙一

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター