独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 診療科について > 診療科 > 膠原病・リウマチ内科

膠原病・リウマチ内科

外来担当医一覧表

科の紹介

患者のみなさまへ

膠原病や関節リウマチは、微熱や関節痛を主としたさまざまな症状が患者さんによって違った組み合わせで認められ、また続きます。
膠原病や関節リウマチではないかと心配になった場合、または検査で疑われた場合には、どうぞお気軽にご相談ください。
また、関節リウマチの治療は近年著しく進歩しており、生物学的製剤による治療も行います。
今後、地域連携の充実に貢献出来るように努めて参ります。
*なお初診予約に関しては現在大変混んでおり、お急ぎの場合にはまず他院を受診していただき、当院のご予約を検討していただければ幸いです。

診療内容

外来

当科を初めて受診される方は、原則的にあらかじめ予約をお取りいただいた方に限らせていただきます。もし直接来院された場合には、紹介状をお持ちであっても、当院医療連携室にご案内し、翌日以降のご予約をお取りします。
新患の方はお時間をかけて診療する場合が多いため、必ず予約をお取り下さるようお願い申し上げます。また、病状が安定した場合には近医に紹介させていただく場合があります。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。
*線維筋痛症は、膠原病とは発症メカニズムが異なり専門外のため、新患の受け入れは行なっておりません。

週間診療予定

入院

入院患者さんの延べ数が増加しております。他科と連携をとり診療いたします。なお、当科は常勤医が一人のため、病状によっては他院に紹介させていただくことがあります。

ページ上部へ▲

膠原病・リウマチ内科診療実績

入院患者疾患名


外来患者疾患名


外来患者診断名

医師の方々へ

当科は常勤医を募集しています。
お問いあわせは、事務部管理課給与係長の魚原(uohara.moeko.ys@mail.hosp.go.jp)までご連絡下さい。
当院は日本リウマチ学会教育施設に認定されています。

お知らせ

患者様を診療するうえで用いた検査データ・保存検体(生検標本を含む)等を症例報告、臨床研究等に利用させていただくことがあります。この場合、お名前・ご住所等患者様を特定できるようなことは一切ありません(匿名化といいます)。なお、このような利用を希望されない場合には主治医にお伝えください。

研究ご協力のお願い

当科では以下のような臨床研究を実施中です。ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

当院倫理委員会承認日(研究開始日):2020年7月20日
担当者:満尾晶子(本研究の当院責任医師)、千葉麻子、石山健太郎、保田晋助
タイトル:リウマチ・膠原病における新型コロナウイルス感染症(COVID-19) レジストリ "Rheumatology COVID-19 Registry"を利用した多施設共同観察研究
患者さんご説明(COVID-19研究)

スタッフ紹介

【役職】

膠原病・リウマチ内科医長

【氏名】

満尾 晶子(Akiko Mitsuo)(1994年卒)

【資格】

医学博士、日本内科学会認定総合内科専門医・認定医・指導医、
日本リウマチ学会専門医・指導医・評議員、
日本リウマチ財団登録医、日本医師会認定産業医、
東京医療保健大学大学院看護研究科臨床教授

満尾 晶子

満尾 晶子


【役職】

非常勤医師

【氏名】

千葉 麻子(Asako Chiba)

【資格】

医学博士、日本内科学会認定医
日本免疫学会評議員、日本臨床免疫学会評議員

千葉 麻子

千葉 麻子


【役職】

非常勤医師

【氏名】

石山 健太郎(Kentarou Ishiyama)

【資格】

医学博士、日本内科学会認定医
日本リウマチ学会専門医

石山 健太郎

石山 健太郎


【役職】

非常勤医師

【氏名】

保田 晋助(Shinsuke Yasuda)

【資格】

医学博士、日本内科学会認定総合内科専門医・認定医・指導医、
日本リウマチ学会専門医・指導医・評議員、
東京医科歯科大学 膠原病・リウマチ内科学分野 教授

保田 晋助

保田 晋助

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター