独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
交通・アクセス
文字の大きさ
病院案内
診療科について
入院について
地域医療連携
災害医療
教育・研修

ホーム > 診療科について > 診療科 > 泌尿器科

泌尿器科

泌尿器科へのご案内 | 診療内容 | 代表的疾患と治療内容 | おもな検査・手術 | 週間診療予定 | スタッフ紹介

外来担当医一覧表

泌尿器科へのご案内

泌尿器科では腎臓、尿管、膀胱、尿道などの尿路や前立腺、精巣、精巣上体、陰茎など男性生殖器にみられる病気を治療しています。また、副腎腫瘍や慢性腎不全の治療も行っています。当院泌尿器科ではこれらの疾患に対してきめ細かに対応できるように努めています。また、近年では前立腺癌の増加や多くの方が頻尿、尿意切迫感などの排尿症状などでひそかにお悩みになられていることが知られています。排尿状態の異常など尿に関する問題は泌尿器科の病気の可能性があり、何なりとご相談ください。

現在、当科は日本泌尿器科学会から教育認定施設として認可されており、医療内容の充実と教育システムを備えた施設となっています。医師も学会から認定専門医、指導医の資格を持ったものが診療、教育に携わっております。

診療内容

副腎腫瘍、腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、尿道癌、前立腺癌、陰茎癌、精巣癌などの腫瘍性疾患、腎尿管結石などの尿路結石、急性膀胱炎、急性腎盂炎や急性前立腺炎などの尿路性器感染症、過活動膀胱、前立腺肥大症、間質性膀胱炎、勃起障害、慢性腎不全などの治療を行っています。手術はより低浸襲な腹腔鏡手術を含む内視鏡手術を積極的に取り入れています。

状態が落ち着いた方にはかかりつけ医に紹介させていただくようにしていますので遠慮せず担当医にお申し出ください。また、セカンドオピニオンにも対応していますし、当院でできない治療法に対してはご相談の上しかるべき施設にご紹介していますので、遠慮なくお申し出いただきたいと考えています。

ページ上部へ▲

代表的疾患と治療内容

  • 副腎腫瘍:腫瘍よりホルモンを産生し高血圧などの原因なる場合は副腎摘除術の対象となり、腹腔鏡下手術を行っています。
  • 腎癌:治療として癌の広がりにかかわらず腎摘除術が基本となりますが、腹腔鏡手術が可能な場合は腹腔鏡下手術を積極的に行っています。また、腫瘍の大きさにより小さな腫瘍に対しては部分切除術を行なっています。転移を有する場合は分子標的阻害剤などによる治療が可能です。
  • 腎盂尿管癌:腎尿管摘除術が基本的な治療となりますが、腹腔鏡手術も選択できます。転移を有する場合は抗がん剤などによる治療が可能です。
  • 膀胱癌:早期癌では経尿道的内視鏡手術が、進行癌に対しては膀胱全摘除術が第一選択となります。膀胱全摘除術の際し、尿路変更手術が必要になりますが、ご自身で自然排尿可能な代用膀胱造設術も選択できます。また、進行膀胱癌に対しては生活の質を考え、抗がん剤や放射線療法などにより膀胱温存にも取り組んでいます。転移を有する場合は抗がん剤などによる治療が可能です。
  • 前立腺癌:早期前立腺癌では前立腺全摘除術を中心に行っていますが、合併症の尿失禁や性機能障害が起きにくいような神経温存手術も行っています。その他、放射線療法、ホルモン療法も選択できます。抗がん剤治療も行っています。
  • 前立腺肥大症:内服治療などで排尿症状の改善が乏しい場合、手術治療が選択肢となりますが、当院では従来の方法より合併症の少ない生理食塩水使用下に経尿道的前立腺切除術(TURis)を行っています。
  • 尿路結石:尿管結石や膀胱結石に内視鏡手術、軟性鏡によるレーザー治療を行なっています。
  • 間質性膀胱炎:膀胱水圧拡張術を行っています。
  • 前立腺癌の疑い:PSA高値など前立腺癌が疑われる場合は前立腺癌の診断のため、1泊2日の入院で経直腸超音波下前立腺生検を行っています。当院では前立腺癌の見逃しを少なくするために18か所の組織を採取しています。

おもな検査・手術

PSA高値など前立腺癌の疑いのある患者様に前立腺生検を平成27年度は153件行い、82件(53.6%)で前立腺癌がみつかっています。

 

平成24年

平成25年

平成26年

平成27年

前立腺生検

168

165

127

153

前立腺癌症例

81(48.2%)

77(46.6%)

60(47.2%)

82(53.6%)

最も多い手術は膀胱腫瘍に対する経尿道的膀胱腫瘍切除術です。副腎腫瘍、腎癌、腎盂尿管癌に対しては低侵襲手術である腹腔鏡下手術を積極的に取り入れており、年々腹腔鏡下手術件数の増加がみられています。近年増加がみられている前立腺癌に対する前立腺摘除術は例年20件前後行っています。

 

平成24年

平成25年

平成26年

平成27年

全手術件数

397

303

294

279

経尿道的前立腺切除術

30

21

経尿道的膀胱腫瘍切除術

81

64

59

80

前立腺全摘除術

27

11

17

腹腔鏡下副腎摘除術

腎・尿管悪性腫瘍手術

開腹手術

15

16

19

腹腔鏡下手術

16

11

尿路結石手術

33

16

17

膀胱全摘除術

11

内シャント造術

70

75

87

38

その他

119

93

104

85

週間診療予定

 

泌尿器科 初診・再診

小田金 ①

石原  ①

奴田原 ①

小田金 ①

小田金 ①

    再診

鮫島  ②

 

小田金 ②

鮫島  ②

鮫島  ②

月、木、金曜日午後は特殊検査。
火、水曜日の病棟依頼は緊急でない場合、お断りする場合があります。

ページ上部へ▲

スタッフ紹介

【役職】

医長

【氏名】

小田金 哲広

【資格】

日本泌尿器科学会認定指導医・専門医
泌尿器腹腔鏡技術認定医

小田金 哲弘

小田金 哲弘


【役職】

医師

【氏名】

鮫島 未央

鮫島 未央

鮫島 未央


【役職】

医師

【氏名】

奴田原 紀久雄

【資格】

日本泌尿器科学会認定指導医・専門医
日本腎臓学会認定腎臓指導医・専門医

奴田原 紀久雄

奴田原 紀久雄


【役職】

医師

【氏名】

石原 理裕

【氏名】

日本泌尿器科学会認定指導医・専門医
じん臓機能障害(平成25年7月1日付)指定医師
膀胱または直腸機能障害(平成25年7月1日付)指定医師
緩和ケア研修会受講終了者

石原 理裕

石原 理裕

ページ上部へ

情報開示について | リンク | サイトマップ | お問い合わせ

〒190-0014 東京都立川市緑町3256番地 TEL:042-526-5511

Copyright © 独立行政法人国立病院機構災害医療センター